育毛剤ランキング

ネット探訪記:プロペシア(Propecia)

  • 育毛剤ランキング一覧
  • 育毛治療一覧
男性別・女性別育毛剤ランキング

ネット上の気になる薄毛・ハゲの話題を徹底的に網羅。
知りたいことを素直に調べ、素直に公表します。

今回のお題:プロペシア(Propecia)

日本で唯一、男性脱毛症(AGA)の治療薬として認められているのがMSD株式会社が製造しているプロペシアですが、 サイト開設に伴い今現在の薄毛治療の主役ともいえるこのプロペシアの効果や副作用などを自分なりに調べてまとめてみようと思います。ここではこのようにハゲや薄毛に関連した情報で興味を持ったものを改めて調べて掘り下げてみようというコーナーです。正確な情報を記述することに努めては行きますが管理人自体は頭のいい人ではないのであくまで参考要素として捉えて頂ければ幸いです。

効果について

プロペシアが発毛・育毛要素において期待できる効果は主成分であるフィナステリドが体内にある男性ホルモンテストステロンと2型5-α還元酵素の結合を防ぐことです。

結合した場合、ジヒドロステロン(DHT)と呼ばれる別の男性ホルモンへ変化し、受容体の男性ホルモンレセプターへ到達することでTGF-β1と呼ばれる発毛を抑える成分が生成されることで脱毛が進行する仕組です。プロペシアはこの最初の流れを断ち切ることで「髪が抜けない体質」にしてくれると解釈することが出来ます。

では発毛自体はさせないのかとなるとAGAの臨床結果では髪が増えた人が使用から半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年78%の割合で確認されているので増毛ももちろん期待できるということです。感覚的な解釈だと元からある体内の弱かった発毛プロセスが脱毛プロセスが停止したことで髪が生えていくといったところでしょう。

20%の人は脱毛進行の停止というデータもあるのでこれらの人は残念ながら発毛を促す信号の力がもっと弱かったのかもしれませんね。

副作用について

プロペシアの服用により想定される副作用は以下のようなものがあります。
「性欲減退」「勃起力低下」
まれにある副作用:「食欲低下」「倦怠感」「肝機能障害」

プロペシアの服用により想定される副作用は以下のようなものがあります。
「性欲減退」「勃起力低下」
まれにある副作用:「食欲低下」「倦怠感」「肝機能障害」

もちろんいずれも確率としては低く臨床では胃の不快感や性欲減退が5%程の報告となっていますし、理論上では性欲に関連するテストステロンを減少させるものでもなく、プロペシアでない偽薬を使った結果でも性欲減退などの報告は同程度のものだったとされています。欧州やアメリカでのフィナステリド成分を含む薬にはこれらの可能性が起こりえることを示す記述がなされていますが因果関係を特定できたわけでもなく注意書きとしての意味合いのものとなっています。

いずれにせよ、効果も即効で現れるものでもなく、異常を感じたら使用をやめることで問題なくなるとも言われています。ただし、偽薬でも同症状がおきえるように「使用をやめても副作用がなくならなかったらどうしよう・・・」と不安になる方はプラセボ的な影響も起こりやすい可能性もあるため使用はよく考える必要性はあるかもしれません。

0.2mgと1mgの選択

プロペシアには0.2mgと1mgの2タイプがありますが効果に差はあるのでしょうか?ある先生のブログによると数字的にはそれほどの差異はなく、日本での値段も同じことから副作用の観点から決めてみてはというような内容がありました。別のブログでは1mgが1日のミニマムの容量でないということだからうまく使えば1回の処方の28日分をもっと長く使えそうなんて考えも見れました。

いずれにせよ、効果には個人差という大前提がありますし、「1mgのほうがやっぱりよく効きそう」とか「0.2mgのほうが安心してスタートできる」とか個々の価値観に準じたほうがいい意味でのプラセボ効果もありえるかもしれません。

参考サイト
ウィキペディア:フィナステリド
くすりのしおり
慶生会クリニックブログ:プロペシアについてのお問い合わせ
芦田の毎日:今日は、なぜかついでに病院へ行って万有製薬の「はげ薬」プロペシアを買ってしまった― 「プロペシア」は前立腺肥大にも効能がある!

- スポンサーサイト
薄毛・育毛治療 病院一覧 セルフケアでは効果が期待できない方へ。 ハゲ・薄毛関連ディレクトリ 有益なサイトを適時リストアップ ハゲ・薄毛用語辞典 色々な脱毛症や関連用語をピックアップ ハゲ・薄毛探訪記 ネットで気になった話題の収集・分析
2013 (C)育毛剤ランキング